多重債務に悩む債権者に代わり、債務整理や過払い請求、自己破産手続き、会社設立、商業登記や相続財産である不動産の登記などの各種手続きの代行。

債務整理について

債務整理について

債務整理に関して
債務整理とは一般的に何らかの形で多重債務を負ってしまった債務者に代わって、弁護士や司法書士が、裁判上や裁判外(すなわち債権者との和解交渉)の手続きを行うことによって、その債務者の経済的再建を図ることをいいます。

過払い請求について

消費者金融にお金を借りていて、長期間返済を続けている場合、既に完済している場合等は、「過払い金返還請求」を行う事で、お金が戻ってくる場合があります。(完済の場合は、さかのぼって10年経過した時点で時効になります)

返ってくる理由としては、本来年利15%〜20%でしかお金を貸してはならないのに、実際には消費者金融業者が年利20%〜29.2%(グレーゾーン金利)で貸していたためです。実際に返済した金額を、過去にさかのぼり15%〜20%に引き直しをしますので、その際に過払いの利息が出てきます。

児玉事務所では、消費者金融等に対する「過払い金返還請求」についてのお手続きを行っております。現在、返済中でも長期間の返済が続いていれば返還できる可能性がありますので、是非お問い合わせ下さい。

【和解料について】
児玉事務所では、債権の金額(訴訟の有無)により和解料を定めております。

債権70万円以下:(訴訟なし)債権に対する5%にて和解案提出
債権70万円以上:(訴訟あり)1件につき1万円の手付金+減額分の10%、戻ってきた金額の10%+和解料(5%〜10%)+実費(訴訟費用)

※手付金に関しましては、消費者金融業者に対し『正式な取引事項』を請求する為に必要な金額です。
※総費用は、なるべく債権に対して10%以下でご対応出来るように努めさせて頂きます。

ページトップへ戻る

お問合せ